FC2ブログ
営業を統括しています、出村です。

本日も社休日です。

いつもの様に肩の凝らないお話です。

私事ですが、お盆休みを利用して結婚以来、四度目の引っ越しをしました。
仕事柄、引っ越し業者さんとは業務提携などの接点があり、過去の引っ越しは
私が以前の職場からお付き合いのある業者さんを頼っていました。

今回も、その業者さんにお願いしようとしていましたが、娘に報告すると前回の
引っ越し時に大切にしているフィギアの人形を乱暴に扱われたらしく、違うところ
に依頼してと頼まれたので、TVCMなどもしているメジャーな業者に依頼する事
にしました。

早速、自宅に来てもらい見積もりを取って搬出と搬入、そして搬入後の荷解きも
依頼しました。

聞いていた当日の流れは3名づつのスタッフとトラック2台で合計6名が午前中
で積み込みを終了させるとの事でした。

ところが当日に来たのは1台のトラックと、3名のスタッフのみ。
聞けば、何かの都合で1台しか確保できなかったそうです。
これでは午前中に積み込みを終了させる事は出来ません。
悪い予感がしました。

家財道具の裏側や上部の掃除もこの機会にする予定でした。
ただ、引っ越しを経験した人ならわかると思いますが、家財道具の裏側は掃除が
行き届きません。
こんな時にしか、掃除が出来ないのでスタッフの方にお願いをして家財道具を
移動した時に私が拭き掃除をするので、搬出を少し待ってほしいとお願いをして
いたのです。

ところが、次の予定とかが入っているらしく、願いも叶わず次から次へとトラックに
積み込んでしまいます。
暑さもあるのであまり、無理を言いにくい雰囲気です。
仕方なく、出来る分だけの家財を綺麗に拭きました。
結局、掃除できた家財道具は半分くらいです。

以前、引っ越しを依頼した別の業者さんはお願いしていないにもかかわらず、
家財道具の裏側の埃など、用意されていたタオルなどで綺麗にしてくれたのですが。

1回目のトラックに積み込みが終わったのはお昼過ぎです。
スタッフの方の昼食としばしの休息を挟んで新居への搬入は14時くらいから
スタートしました。
約1時間で搬入が終わり、2回目の積み込みに旧宅に戻ります。


新居には既に荷解きのスタッフ3名が待機していましたが、2回目の搬入が
新居に全ての荷物を搬入したのが19時過ぎです。

その間、荷解きスタッフは手持無沙汰で搬入の様子を見ている事しか出来ません。
結局、荷解きスタッフの方達は帰社時間となり、荷解きされた段ボールは全60個
位のうちの3個だけでした。

そして、荷解きスタッフの方達の予定が詰まっているので、次回荷解きに来れるのは
1週間後しか無理ですと言われました。

これって、どうなんでしょうか?
荷解き費用で約数万円の費用はすでに、支払い済みです。
結局、あくる日から娘と二人で丸二日間かけて、やっつけました。

引っ越しは一生のうちでそんなに何度もする事は無いでしょう。
料金ももちろん、大切なファクターですが、やはり仕事内容が一番大切なところだと
思います。
知名度もあり、安心しきってお願いしましたが少し、ガッカリしたのも事実です。
荷解き費用は後日、返金されましたがもし、次回引っ越しをする事があっても、この
業者さんにお願いする事は無さそうです。


堺市・和泉市・泉北高速鉄道沿線の不動産は日生ハウジング(株)へお任せください!!
一戸建て、マンション、そして分譲住宅や賃貸物件を多数取り扱いしております。
必ずお探しの物件が見つかります。
ご相談はもちろん無料です!!
“人と人との繋がりを大切に、親身になって共に考えます
小規模なリフォームから大規模リフォーム!
新築住宅の建築までを自社施工で承ります。
お気軽にご相談ください。
不動産のご相談なら38年の経験と実績の日生ハウジング株式会社へ
フリーダイヤル 0120−290−790
日生ハウジング�梶@ロゴ
日生ハウジング株式会社
スポンサーサイト



2019.09.04 Wed l どうなんでしょう? l コメント (0) l top
営業を統括しています、出村です。

本日は社休日です。

いつもの様に肩の凝らないお話です。

昨今、あおり運転が何かと話題になっていますが先日、私が体験した
あおり運転ではないのですが、これってどうなの?と言う話です。

私は光明池に住んでいるので駅前のタクシー乗り場のロータリーをよく
利用します。

光明池地区に在住の皆さんもご家族を駅に送ったり迎えに来たり、慣れ
親しんでいる場所です。
そこで事件?は起きました。

恐らく家族を迎えに来たのでしょう。
タクシー乗り場のその先の一番、良い場所にその車は止まりました。
その車が動き出さないと、後続の車が通行できないくらいの止め方です。
私はその車の真後ろについていたのですが、すぐに乗降者が現れてすぐに車を
動かすからそんなイージーな止め方をしたのだろうと思っていました。

ところがその車はいっこうに動く気配がありません。
ああ、ここで人を待っているのかと悟りました。
なので、本当にぎりぎりのスペースしか空いていなかったので、クラクション
を軽く鳴らしてもう少し、端っこに移動してもらうように促したのです。

それでもその車は一向に動く気配がありません。
痺れを切らしてもう一度、クラクションを鳴らすとドアが開いてドライバーが
降りてきました。
みると、すでにリタイアされて何年も過ぎているご年配の男性です。

降車一番、窓を開けていた私に向かって何と!

t02200183_0246020513418595445[1]

「これだけ空いているのによう通らんかったら、免許返納せえ!」

思わず、そっくりそのままオッチャンにそれはアンタやろ、と突っ込みを入れて
しまいそうになりました。
だって、左側には1m以上も空いている空間があるのですから。
もう少し、上手く運転して幅寄せしといてくれたのなら、何もこんな事には
ならない状況でした。

ただ、後続の車も詰まってきたので、恐る恐る何とか通過しましたが。
私の前職は長距離トラックドライバーだったので、運転には自信があります。
又、その仕事で悲惨な交通事故の現場も数多く見ているので、本当に安全運転を
心掛けています。

このオッチャンみたいに自分さえ良ければという考えが煽り運転などに繋がるので
しょうね。

短気は損気と言う言葉もあります。気を長く持って安全運転を心掛けましょう。


堺市・和泉市・泉北高速鉄道沿線の不動産は日生ハウジング(株)へお任せください!!
一戸建て、マンション、そして分譲住宅や賃貸物件を多数取り扱いしております。
必ずお探しの物件が見つかります。
ご相談はもちろん無料です!!
“人と人との繋がりを大切に、親身になって共に考えます
小規模なリフォームから大規模リフォーム!
新築住宅の建築までを自社施工で承ります。
お気軽にご相談ください。
不動産のご相談なら38年の経験と実績の日生ハウジング株式会社へ
フリーダイヤル 0120−290−790
日生ハウジング�梶@ロゴ
日生ハウジング株式会社
2019.08.21 Wed l どうなんでしょう? l コメント (0) l top
営業を統括しています、出村です。

本日と明日は、社休日です。

いつもの様に肩の凝らないお話です。

先日の社休日、朝食を終えて午前中のルーティンも終えて夕食の
食材を買い出しに車で出掛けました。

目的地は光明池駅前のスーパーです。
私の住んでいるマンションからは駅前の交差点の三叉路をUターン
しないと目的地には行けません。
そして、その場所に差し掛かると、右側から相対するように一台の
乗用車が私の車の前を横切って、本線に入ろうと出てきました。

その時、私は目を疑いました。
私の目の前には1台の軽ワンボックスカーが進行中だったのです。
この軽車はブレーキを踏むより何より、乗用車が強引に軽車の横っ腹に
激突しながら軽車の前に割り込みました。

私は軽車の真後ろでブレーキを踏んだまま、あっけにとられていました。
軽車のドライバーも茫然としています。
何が起きたのか、理解するのにしばらく時間がかかりました。
それは、そうです。
目の前に車が走っているのに体当たりしながら割り込んで来たのですから。

乗用車からドライバーが出てきましたが、見るからに80代を超えていそうな
ご主人です。
どう考えても100対0の事故割合じゃないのでしょうか?

正面衝突では無くて、ボディーのサイドに激突してそのまま、強引に前に出た
のですから。
私は、呆気にとられている軽車のドライバーにドライブレコーダーは付けて
いますかと尋ねると、付けて無いとの返事だったので、事故処理で困りごとが
あれば、私の付けているドライブレコーダーの記録を貸しますよと言って私の
連絡先を渡してその場を離れました。

買い物を済ませて自宅に帰り、娘とパソコンでその瞬間を確認すると、何が
どうであろうと、事故を起こしたドライバーの目の前を走る軽車が視界に入って
いなかったのが、事故の原因だと思います。
いくら周囲の状況に気を配りながらの安全運転をしていても、こんな、もらい事故も
あるのですね。

最近はドライブレコーダーを付けている車も増えていますが、確かに曖昧な
記憶より、確かな記録のドライブレコーダーの設置は法律で義務化しても良い
位だと思います。

他人事とは思わずに、今後も更に安全運転に務めていくようにします。


堺市・和泉市・泉北高速鉄道沿線の不動産は日生ハウジング(株)へお任せください!!
一戸建て、マンション、そして分譲住宅や賃貸物件を多数取り扱いしております。
必ずお探しの物件が見つかります。
ご相談はもちろん無料です!!
“人と人との繋がりを大切に、親身になって共に考えます
小規模なリフォームから大規模リフォーム!
新築住宅の建築までを自社施工で承ります。
お気軽にご相談ください。
不動産のご相談なら38年の経験と実績の日生ハウジング株式会社へ
フリーダイヤル 0120−290−790
日生ハウジング�梶@ロゴ
日生ハウジング株式会社

2019.06.04 Tue l どうなんでしょう? l コメント (0) l top
営業を統括しています、出村です。

本日は社休日です。

いつもの様に肩の凝らないお話です。

先日、ニュースを見ていたら、スーパーGWが明けて、出社拒否になり、そのまま
退職を申し出る方が結構、いらっしゃるとかやっていました。
そして、何と!
退職願いを本人がせずに、退職代行サービスという会社に依頼するそうです。

何でも1件当たり、数万円とか。
う~ん?
どうなんだろう。

今まで、お世話になった人達、一緒に頑張ってきた同期達。
その人たちに最後の挨拶も無く、会社を去るなんて。
私の感覚では????です。

まあ、そんな代行会社が存続できるなんて、一定の需要はあるのでしょうが。
そんな話を先日の不動産取引の場で、売主様、買主様同席のもと、雑談していると
何と。
買主様の職場(美容師さん)では、買い物に行って来ますと職場から出掛けて
そのまま、ドロンされたケースがあるそうです。
連絡が取れなくなり、自宅に訪問すると、既に引き払った後でもぬけの殻だったそう
です。

そして、その奥様がお子様を預けている施設のスタッフの方が離職する時、何と!
ご両親がお子様の退職の手続きをしたそうです。

目が点になりました。

もちろん、離職を告げるのにそれなりのエネルギーが必要なのは、わかります。
それでも、自分の力でそれらを完結させるのが、一社会人として、常識では?
と、思うのは古臭い考え方なのでしょうか?

そんな代行会社が存続するから、需要が生まれるのでしょうか?
良くわからない時代になりました。


堺市・和泉市・泉北高速鉄道沿線の不動産は日生ハウジング(株)へお任せください!!
一戸建て、マンション、そして分譲住宅や賃貸物件を多数取り扱いしております。
必ずお探しの物件が見つかります。
ご相談はもちろん無料です!!
“人と人との繋がりを大切に、親身になって共に考えます
小規模なリフォームから大規模リフォーム!
新築住宅の建築までを自社施工で承ります。
お気軽にご相談ください。
不動産のご相談なら38年の経験と実績の日生ハウジング株式会社へ
フリーダイヤル 0120−290−790
日生ハウジング�梶@ロゴ
日生ハウジング株式会社


2019.05.15 Wed l どうなんでしょう? l コメント (0) l top
営業を統括しています、出村です。

本日と明日は社休日です。

いつもの様に肩の凝らないお話です。

最近よく見かける光景についてですが、スマホのオンラインゲームの
ポケモンです。
弊社のある場所は何か、アイテムが取れる場所らしく、土曜日や祝日、
日曜日などに大勢の人達をお見かけします。

一度、皆さんがスマホを手に一生懸命何かやっている姿を見て、何を
しているか聞いたところ、アイテムを取りに行ってると言ってました。
私はこのゲームをしませんし、このゲームが流行り出した頃、死者まで
出た事をニュースなどで知りました。
それだけ人々を魅了する楽しさがあるゲームなのでしょう。

個人の楽しみ方なので、それはそれで良いのですが、ここ最近アイテム
を集められる場所でお見かけするのは、見るからにリタイアを果した
ご年齢の人達です。
皆さん、仲間では無く三々五々、集まっている人達です。
もちろん、個人の趣味なので幾つになっても打ちこめる趣味があるのは
素晴らしい事です。

ですが・・・・

お見かけするその光景にもの凄い違和感を覚えます。
ある程度のご年齢になってもスマホという、機械を操作できる意欲などは
尊敬の念に値しますが、TVゲームに熱中している姿はどうにもなぁ~
なんですが・・・・

聞きかじった知識では、不特定の場所にアイテムを集められるスポットが
あって、たくさんのキャラクターを集めてそれらを戦わすらしいのですが、
若い子ならいざ知らず、ご年配の人達がそんなに熱中できる楽しさがある
のでしょうか?
案外、私もやってみたらハマってしまうかも知れませんが、いい年をして
そんな姿を他人に見られるとなると、想像するだけで赤面してしまいそう
です。

まあ、個人の趣味なので、微笑ましく見ていれば良いだけの事なんでしょうが。


堺市・和泉市・泉北高速鉄道沿線の不動産は日生ハウジング(株)へお任せください!!
一戸建て、マンション、そして分譲住宅や賃貸物件を多数取り扱いしております。
必ずお探しの物件が見つかります。
ご相談はもちろん無料です!!
“人と人との繋がりを大切に、親身になって共に考えます
小規模なリフォームから大規模リフォーム!
新築住宅の建築までを自社施工で承ります。
お気軽にご相談ください。
不動産のご相談なら38年の経験と実績の日生ハウジング株式会社へ
フリーダイヤル 0120−290−790
日生ハウジング�梶@ロゴ
日生ハウジング株式会社

2019.04.16 Tue l どうなんでしょう? l コメント (0) l top